年賀状はがきの購入はどこでできる?

毎年11月になると、年賀状はがきの販売が開始されます。

年賀状はがきは郵便局だけでなく、いろいろなところで手に入れることができます。

店頭販売だけではなく、今ではインターネット通販での購入や年賀状印刷サービスを利用して購入から作成・印刷まで行うことだってできるのです。

郵便局の開いていない休日や夜にだって年賀はがきを手に入れることができるのはとても便利ですよね。

年賀状の販売方法は昔と比べて多様化しています。

この記事では年賀状はがきの購入場所やインターネットを使っての購入手段などについて解説していきます。

年賀状はがきの購入場所一覧

年賀状はがきは早めに購入したほうがいいです。

季節のものですし、種類によっては売り切れてしまう可能性があるからです。

年賀状はがきの店頭販売をしている代表的な購入場所を紹介していきます。

郵便局

郵便局は年賀状はがきの販売元というだけあって、すべての種類の年賀状はがきを購入できるのが強みです。

年賀状はがきの販売シーズンになると、郵便局員の人が郵便局前の路面で年賀状はがきを売ってたりします。

目の不自由な方向けのくぼみ入りの年賀状はがきや大量印刷に向いている四面連刷の年賀状はがきなどは、流通している枚数も少ないので郵便局でしか手に入らないことがあります。

土日や祝日は窓口が休みになってしまいますし、営業時間もだいたい夕方の5時くらいなので平日に働いている人にとっては行くのが大変です。

ゆうゆう窓口

郵便局のゆうゆう窓口でも年賀状はがきは購入できます。

土日・祝日もやっていますし、営業時間も長いです。

郵便局によっては深夜0時くらいまで営業しているところもあります。

ゆうゆう窓口のある郵便局は少なくて、その地域の中央郵便局に行かなければならなかったりするのが難点でしょうか。

年賀状販売だけでなく、郵送物の受け取りなどもしている窓口ですので待ち時間が長くなることもありますね。

コンビニ

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニでも年賀状はがきは売っています。(店舗によっては販売していないところもあります。)
コンビニで購入できるメリットは利便性です。

だいたい家の近くにありますし、深夜でも思い立ったら買いに行けます。

元旦に送っていない人から年賀状が届いた場合など、急いで購入しないといけないときは重宝しますよ。

基本は10枚1セットでの販売ですが、バラ売りも対応してくれます。

スーパー

イオンやイトーヨーカドーのような大型スーパーでも年賀状はがきは販売しています。

サービスカウンターで切手などと一緒に販売している例が多いですね。

食料品の買い出しなどが済んだ後にサービスカウンターに立ち寄って年賀状はがきを購入できます。

別の買い物のついでに年賀状はがきの用事も済ませられてお得です。

家電量販店

ヤマダ電機やヨドバシカメラなどの家電量販店でもなぜか売られている年賀状はがき。

パソコンやプリンターなどを年賀状作成のきっかけとして販売したいからかもしれません。

現金以外にも家電量販店のポイントを使って年賀はがきを購入できますよ。

金券ショップ

年賀状はがきを安く手に入れたいなら金券ショップ。

定価より少し安く販売しています。

基本は10枚1セットでの販売ですが、たくさん枚数を買うとさらに割引してくれるところも。

年賀状はがきだって大量に購入したら値段も馬鹿にならないので、金券ショップでちょっとでも安く手に入れられるのはいいですね。

ネット通販でも年賀状はがきを購入できる

インターネット通販での年賀状はがきはあらかじめ予約注文ができます。

例年、11月1日が年賀状はがきの販売開始の日ですが、予約注文は9月くらいから始まっています。

予約した年賀状は11月1日以降、自宅に最寄りの郵便局から届けられます。

年賀状はがきのネット注文は、24時間注文できるし、何と送料無料。

最低5枚からの販売で、スマホからも注文できます。19時から21時といった夜間の配達もしてくれるので、勤め人にはありがたいです。

年賀状はがきの購入は年賀状印刷サービスが便利

年賀状印刷サービスを使うと、年賀状はがきの購入が必要ありません。

デザインを選んで載せたい写真のデータを送りさえすれば、あとはサービス側ではがきの準備をしてくれます。

はがきの購入の手間が省けるし、デザインもカッコいいものが多いので絶対自分の望み通りの年賀状を作成できますよ。

すでに年賀状はがきを購入してしまったという人も大丈夫。

業者によっては年賀状はがきの持ち込みができるところもあります。

大量に購入してしまったという人も無駄にはなりませんのでご安心ください。

まとめ


年賀状はがきは店頭販売だけでなく、ネット販売にも対応するようになって購入がとてもラクになりました。

元旦に年賀状を届けるには早めに投函しないといけません。

ギリギリになって焦ることのないように、購入場所を確認して速やかに今年の年賀状はがきを手に入れましょう。

  • 年賀状はがきは郵便局の他にも、コンビニやスーパー、家電量販店などで購入できる
  • ネット通販は9月から予約が開始されていて、送料も無料
  • 年賀状印刷サービスを使うと年賀状はがきの購入が必要ない
  • 年賀状はがきを持ち込みできる年賀状印刷サービスもある

【あわせて読みたい記事】
年賀状印刷のおすすめ比較人気ランキングTOP10!安い・おしゃれ・早い【2020子年(ねずみ年)】