年賀状はがきのインクジェットって普通紙のはがきとどう違う?インクジェット写真用は?

小さく「インクジェット」と書かれている年賀状はがき、目にしたことがあると思います。

年賀状はがきには紙質で大きく分けて

  • 普通紙
  • インクジェット紙
  • インクジェット写真用

の3つの種類があるんです。

とはいえ、

  • インクジェットって無地やインクジェット写真用とどう違うの?
  • インクジェット紙やインクジェット写真用って1枚いくら?
  • 間違えて普通の年賀状はがきを買ってしまったけど交換できるのかな?

という疑問を持つ人も多いはず。

この記事ではインクジェットの年賀状はがきを中心に、用途や価格、違いについて解説していきます。

年賀状はがきのインクジェット紙と普通紙の違い

インクジェットの年賀状はがきと無地の年賀状はがきって何が違うのでしょうか。

ちなみに値段は両方とも1枚63円です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

普通紙の特徴

最もスタンダードな年賀状はがきで、年賀状はがきと聞いてまず思い浮かべるものです。

通常の官製はがきと同じ紙質で、手書きで年賀状を作成する場合には最も適していると言えます。

消しゴムでも消しやすいし、シャープペンで薄く下書きをしてから毛筆で書くということもできますね。

ただし、プリンターでの印刷には不向き。

インクが滲んであまりキレイに印刷されるとは言えません。

そんなときはインクジェット紙の出番です。

インクジェット紙の特徴

インクジェット紙はその名の通り、インクジェットプリンターで印刷する時に最も向いている用紙のこと。

ご家庭にあるプリンターで一番多いのはインクジェットプリンターだと思います。

インクジェット紙の年賀はがきは普通紙の年賀はがきよりも発行枚数が多いです。

スヌーピーやディズニーのキャラクター年賀はがきもインクジェット紙しか販売されていません。

手書きで年賀状を書くよりも、パソコンで作成してプリンターで印刷する人が増えてきたからでしょうね。

インクジェット紙の表面は普通紙と変わりませんが、裏面がインクジェットプリンターで印刷しやすいように特殊なコーティングが施されています。

手触りも普通紙と比べると「しっとり」とした感じです。

インクジェットプリンターでの印刷に特化している分手書きで使用するには向いていません。

写真画像の場合だと、印刷できなくはないのですがあまり印刷のノリがよくありません。

写真を年賀状に印刷したい場合はインクジェット写真用という年賀はがきを使うと最もキレイに印刷できます。

年賀状はがきのインクジェット紙とインクジェット写真用の違い

インクジェット写真用は年賀状に写真を印刷したい場合に最も効果を発揮する紙質の年賀状はがきです。

値段は普通紙やインクジェット紙よりも10円高い73円となっています。

インクジェット写真用の特徴

インクジェット写真用もその名の通りで、インクジェットプリンターで写真を印刷する場合に最も適した紙質の年賀状はがきになります。

表面がツヤツヤしていて光沢があり、インクが滲みにくい加工がされています。

写真を印刷したいなら間違いなくインクジェット写真用がいいといえますね。

ただし、紙質が少し厚いのでプリンターでセットできる枚数がかぎられてしまうことや値段が普通紙やインクジェット紙に比べて割高ということがあります。

どうしても写真を使って年賀状を送りたい人に向けて使った方がいいですね。

年賀状はがきのインクジェットの用途はどんなものがある?

インクジェット紙の年賀状はがきは価格もリーズナブルですが、写真を印刷するのには向いていません。

写真よりもイラストを印刷するときに向いています。

もちろんインクジェット写真用の年賀はがきでもイラストはキレイに映るのですがイラストであればそれほど見栄えは変わりません。

だとしたら、10円安いインクジェット紙を使用したほうがコスパはいいです。

まとめると

  • 普通紙・・・手書きで年賀状を書く時
  • インクジェット紙・・・インクジェットプリンターでイラストを印刷する時
  • インクジェット写真用・・・インクジェットプリンターで写真を印刷する時

こんな感じで覚えておくとわかりやすいですよ。

年賀状はがきのインクジェット紙は交換できる?

インクジェット紙を買うつもりが間違えて普通紙の年賀状はがきを買ってしまったということ、経験したことがあるのではないでしょうか。

もったいいないなあと思うことなかれ。

郵便局に行けばインクジェット紙と普通紙の年賀状はがきは無料で交換できます。

その代わり、当年度発行の年賀はがきに限ります。

去年の普通紙の年賀状はがきと今年の年賀状はがきは交換できないので気をつけてください。

まとめ

自宅で印刷するのであれば、年賀状はがきの紙質選びは重要です。

自分が何を印刷したのかをきちんと決めてから、目的にあった紙質の年賀状はがきを選ぶと良いでしょう。

自宅にあるプリンターがあまり高性能でない場合は、年賀状印刷サービスなどを使って外注したほうがキレイに仕上がったりもするので、そちらも検討してみてください。

  • 普通紙の年賀状はがきは手書きで年賀状を書くのに向いている
  • インクジェット用はインクジェットプリンターでイラストを印刷するときに最適
  • インクジェット写真用は写真を印刷する時に向いているが値段が高い
  • インクジェット紙と普通紙の年賀状はがきは今年のものであれば無料で交換できる

【あわせて読みたい記事】
年賀状印刷のおすすめ比較人気ランキングTOP10!安い・おしゃれ・早い【2021子年(ねずみ年)】