年賀状をやめたいときに友人や親せきはどうしたらいい?

毎年の年賀状の準備、時間も取られるし大変です。

元号が令和に変わったことだし、これを機に年賀状をやめようかな・・なんて考えてしまいます。

とはいえ

  • どうしたら年賀状をスムーズにやめられるのかな?
  • 友人や親戚には失礼に思われないかな?
  • 相手との付き合いもあるし、すぐには年賀状をやめられないけど面倒だなあ・・

という人も多いのでは。

この記事では、年賀状をやめたいと思ったときに浮かぶ疑問を解決していきます。
ぜひご一読ください。

年賀状をやめたい人が増えている

現実に、年賀状をやめたいと思っている人は増えているんです。

年賀はがきの発行枚数も年々減っています。

やめたい理由で最も多いのは時間もかかるし面倒だから。

年賀状作りはかなり労力を使う作業です。

そもそも若い人はLINEやインスタグラムなどのSNSで新年の挨拶を済ませてしまいます。

そして最近では、高齢の人も年賀状をやめたいと思っているようです。

高齢の人が送る終活年賀状

終活とは人生の終わりに向けての活動のこと。

高齢になって、人間関係を改めて整理したいと思い年賀状をやめることを決める人もいます。

「来年からは年賀状を送りません」という一文を載せて送る年賀状のことを「終活年賀状」といいます。

改めて今後は送らないという連絡をするのは受け取る側も寂しいものです。

送る側としたら、体力的にもキツくなってきたという理由もあります。

とはいえ元旦を迎えて届いた年賀状を見ると、申し訳ない気持ちになって結局返事を書いてしまった人もいます。

人と人との繋がりですし、いきなりスパッと年賀状をやめるのは難しいですね。

友人へ送る年賀状をやめたいときの対処法

友人への年賀状をやめたい・・。

特に年賀状だけの付き合いしかなかったり、疎遠な友人との連絡のやり取りは意味がないんじゃないかと考える人もいます。

ですが自然消滅を狙ったら礼儀としてもあまり褒められたものではありません。

角が立たずにできるだけ円満に年賀状をやめるには、やはり年賀状をやめるという連絡を最後にしておく必要があります。

やめるという連絡をする際に必ず伝えておかなければならないこと、それは

  • 来年以降は誰にも年賀状を送らないということ
  • つきあいを辞めるのではなく、年賀状という連絡手段をやめるのだということ
  • 年賀状の代わりの連絡手段を明記すること

この3つのポイントを抑えて相手に伝えることが大事です。

年賀状ではなく、今後はメールでやりとりできますという文面を添えてメールアドレスを知らせておきましょう。

ちゃんと別の連絡手段を書いていれば、別に嫌いになられたわけではないんだなというメッセージも相手に伝わります。

年賀状というシステムを使うことを辞めるのであって、特定の相手にだけ年賀状を送らないというわけではないことも強調しておいたほうが良いです。

重要なポイントをきちんと抑えて相手に伝えれば、円満に年賀状をやめることができます。

親せきへの年賀状をやめたい場合は?

親せきへの年賀状をやめたいときは、場合によっては友人相手よりも厄介です。

疎遠な親せきであったとしても、身内であることに変わりはないですからね。

基本的には、友人へ年賀状を送るのをやめるとの同じように、全員に対する年賀状をやめることと、メールアドレスの連絡先を伝えるということで問題ないと思います。

とはいえ、親せきだと自分よりも年上の人や高齢の人もいます。

法事の席や年始の挨拶などで顔を合わせる親せきもいるでしょうし、年賀状という形式にこだわりのある人も少なくありません。

自分の両親の面子もあるので、まずは親に相談してからどの親せきに送るべきか、送らなくていいかなどを精査して、徐々に送る人数を減らしていくのがベターです。

面倒だから年賀状をやめたい人にオススメの年賀状印刷サービス

年賀状をやめたいけど、やっぱりつきあいもあるしやめられないな・・。

だけど年賀状作りは面倒だな・・という人には年賀状印刷サービスがオススメです。

年賀状印刷サービスとは、年賀状の作成が圧倒的にラクになるサービス。

  • 年賀はがきの購入
  • 宛名書き
  • デザインの作成
  • 印刷
  • 郵送

という年賀状作りの工程に関わるところを効率化して時間コストを削減することができます。

パソコンやスマホから住所録にデータを入力すれば、文面が印刷できてしまう宛名印刷サービスや、個性豊かでクオリティの高いデザインもあって年賀状作りが楽しくなってきますよ。

つながりは持っていたいけど、年賀状作りが面倒だからやめたいと思っている人にとってはピッタリです。

最初は無料でサンプルを試すことができるところも多いので、試してみてはどうでしょうか。

まとめ

1年に1回、年賀状で連絡を取り合う相手とのやりとりをプラスととるか、マイナスととるかで年賀状をやめたいのかどうかが決まってきます。

年賀状でのやりとりだけとはいえ、お互いの近況を報告し会えるのは嬉しいことでもあります。

疎遠な相手とのやりとりができるのは、年賀状という文化ならではないでしょうか。

もし、面倒だからという理由で年賀状をやめたいのであれば年賀状印刷サービスを使って作業にかかる手間を削減してみましょう。

相手との関係性もキープできますし、いい選択だと思いますよ。

  • 年賀状をやめたい人は増えている
  • 年賀状をやめたい一番の理由は「面倒だから」
  • 終活年賀状を送って年賀状をやめる宣言をする人も
  • 友人への角の立たないやめ方は年賀状自体をやめて別の連絡手段を伝えること
  • 親戚へ送ることをやめるときはまず親に相談しよう
  • 面倒だから年賀状をやめたい人には年賀状印刷サービスがオススメ

【あわせて読みたい記事】
年賀状印刷のおすすめ比較人気ランキングTOP10!安い・おしゃれ・早い【2021子年(ねずみ年)】