年賀状が元旦に届くには?元旦に出すといつ届く?【2020年】

年賀状の準備なんてまだまだ先でいいでしょ・・と思っているうちにギリギリになって慌てて書き出すこと、ありますよね。

年賀状は新年の一番最初の挨拶。ビシッと元旦に相手に送り届けたいものです。

元旦にきちんと年賀状を送り届けるには、投函期限を守らないといけません。

また、元旦に予期せぬ相手から年賀状が届いてしまい慌てた経験、誰しもがしているのではないでしょうか。

私も急いで近所の郵便ポストに元旦のうちに投函したものです。

年賀状はあまり遅れて届いてしまうと失礼になってしまいます。

元旦に年賀状を出すとどのくらいで到着するのかも知りたいですね。

この記事では

  • 年賀状が元旦に着くまでの投函期限
  • 元旦に年賀状を出したらいつ頃届くのか
  • 元旦に間に合わない場合の年賀状の書き方

について、丁寧に解説していきます。

年賀状が元旦に届く締め切りは?

2020年の年賀状の引受開始日は2019年の12月15日からです。

年賀状を確実に元旦に届けるには、12月25日までの投函を日本郵便は呼びかけています。

12月25日ってずいぶんと早い感じがします。

郵便局としても膨大な数の年賀状を処理することになるので、期限は早めに設定しておいてユーザーには早めの行動をお願いしたいのでしょう。

なかなか12月25日に投函し終えられる人も少ないのではないでしょうか。

日本郵便でもそのあたりは承知しているようで12月26日から28日までに投函されたものについてもできる限り元旦に届くように取り組むとしています。

年賀状を届けるのがギリギリになってしまったら?

どうしてもスケジュール通りに行かないのが年賀状作り。

期限ギリギリの投函になりそうな場合の対応策を紹介します。

12月25日ギリギリの場合は本局に持ち込もう

12月25日までに投函するということは、12月25日の最終集荷時間までにポストに入れるということ。

例え25日にポストに入れたとしても、最終集荷時間を過ぎていたら取り扱いは翌日の26日になってしまいます。

もし最終集荷時間を過ぎてしまったら、本局の中央郵便局の窓口に持っていったほうがよいです。

年賀状の仕分けのアルバイトって毎年募集されていると思うのですが、募集地は大きい本局の郵便局であることが多いです。

いったん年賀状は本局に集められて仕分け後各地域へ移されるのですね。

なので本局に直接持ち込めば確実とは言えませんが間に合う可能性は高いです。

12月28日を過ぎてしまったら速達という手も

12月25日どころか、28日も過ぎてしまったら普通に送った場合は元旦に届くのは厳しいです。

それでも元旦に届けたい場合、速達で送ることをオススメします。

速達便は元旦も稼働しているので、近隣であれば31日の夕方までに速達で申し込めば元旦に届けることができます。

お金もかかるので、最終手段として速達という技も使えるということを覚えておいてください。

年賀状を元旦に出すといつ届く?

楽しみにしている元旦の年賀状。

とはいえ送っていない相手から年賀状が届いたらドキッとして冷や汗をかいてしまいます。

急いで書き上げて元旦にポストに投函することもあると思います。

元旦に届く年賀状はいつ届くのか調べてみました。

元旦に出した年賀状は1月4日以降に届く

元旦も集荷はしているので、郵便ポストに投函しても問題ないのですが、翌日の1月2日は全国的に年賀状の配達はお休みとなっています。

1月3日に配達される年賀状は、12月の29日から31日に投函されたものが主に扱われます。

なので元旦に出した年賀状は地域にもよりますが早くても4日に到着すると見込んでおいてください。

ちなみ年明け以降の1週間くらいは年賀はがきより普通郵便の方が早く配達される傾向があり、年賀状の配達日数が1日多くかかってしまいます。

なりふりかまわずとにかく早く相手のもとに到着させたい場合は、年賀はがきではなく手紙などを使って普通郵便扱いとして送ったほうが早く着きます。

お正月なのに普通郵便のほうが優先されるのって不思議ですね。

元旦に間に合わない場合の年賀状の書き方

今年は「令和二年 元旦」と年賀状の締めの文章に書くことになると思います。

1月1日に出した年賀状の場合は、元旦と書いても大丈夫なのでしょうか。

結論から言うと、問題ありません。

元旦に届くから年賀状にも「元旦」と締めの文を書くのだと思いがち。

ですが相手に届ける手紙というのは本来自分が書いた日付を記入するものです。

なので元旦に書いた年賀状は締めの文章に「令和二年 元旦」という一文を入れても大丈夫です。

1月2日以降に送る年賀状の場合は、「令和二年 一月吉日」とか「令和二年 一月」みたいな書き方で投函しましょう。

まとめ

年賀状の配達は郵便局にとっても一大イベント。

元旦に届けられるよう懸命に頑張ってくれるはずです。

送る側としても、投函期限をきちんと守って安心して元旦を迎えたいものです。

今回はギリギリになってしまった場合の対応策もお伝えしましたが、やはり早めに年賀状の作成と投函は済ませておきたいですね。

  • 年賀状を元旦に確実に届けたいなら12月25日までに投函する
  • 12月26日から28日までに投函した年賀状も元旦に届く可能性あり
  • 25日ギリギリになってしまったら本局の中央郵便局に持ち込もう
  • 29日から31日に投函する場合で元旦に届けたかったら速達を使おう
  • 元旦に出した年賀状は1月4日あたりに届く
  • 元旦に出した年賀状なら締めの文は「令和二年 元旦」でOK

【あわせて読みたい記事】
年賀状印刷のおすすめ比較人気ランキングTOP10!安い・おしゃれ・早い【2020子年(ねずみ年)】