年賀状の住所書き方・印刷について【数字はどうする?】

年賀状のデザインを書いたら、次に重要なのは住所ですよね。

相手の住所を間違うことなく印字・記載することも重要ですが、きちんとした書き方はご存知でしょうか?

何となく、縦書きで揃えていればいいのでは?と思うかもしれませんが、ここで改めてきちんとした書き方を覚えておきましょう。

年賀状の住所の正しい書き方とは?

住所の書き方といっても、パターンはそこまで多くはありません。

そう、縦書きで書くこと。

例えば、裏のデザインが横向きだったとします。その場合は、縦書き?横書き?どちらでしょうか。

答えは、縦書きです。

年賀状は、裏のデザインが横向きであろうとあて名を書く表は縦のデザインですよね。それに沿って縦書きに書けば問題ありません。

もし、海外の方へ送る場合であれば横書きの場合もあるかもしれません。しかし、日本国内であれば縦書きで住所を書き入れましょう。

書き始めは右端、都道府県名から書きます。

年賀状を縦にしたら、まずは都道府県名から書き入れます。

では、なぜ都道府県名から書くのかと言いますと都道府県名の書き入れる位置で、全体のバランスが決まってきます。

縦書きってどうしても右や左に曲がっていきませんか?

全体のバランスや余白のバランスを考えて書かなければ、後々の名前が左端に寄ってしまうから重要なのです。

  • マンション名があり住所が長い
  • 夫婦または家族連名にする
  • 表に自分の住所も記載する

こういった場合は、事前に位置取りしてから書き始めるのもポイントですよ。

位置の目安としては、郵便番号の右端枠の位置でやや高い位置から書き始めます。都道府県名は省略せずに全て記載しましょう。

年賀状の住所は、マンション名で改行する!

もし、お住いの住所が長い場合はマンション名で改行しましょう。

都道府県名+市区町村名+番地

ここまでは、一行で漢数字を使って書きますがマンション名で改行をすると見やすくなり、改行後は、一文字下げるとバランスが良くきれいに見えますよ。

数字は、漢数字で書く!

縦書きの記載になると、もしかすると自然に漢数字で書いている方も多いかもしれません。

基本的に、縦書きの際は漢数字で数字を書きます。前項でもお伝えしたように最近は横書きも増えては来ましたが、縦書きをお勧めしました。

というのも、年賀状は正式な文章を使用したご挨拶でもあるので親族・親戚・上司・目上の方へ出すものでもありますよね。

特に自分より目上の方や上司だと、マナーや基本に少し厳しい方もいるかと思います。そういった方々に気持ちよく受け取ってもらうためには細かいですが最後まで丁寧に記載しましょう。

宛て名は、中心&やや大きめに書く!

相手のお名前を書くときは、年賀状の中心の位置で住所よりもやや大きく書きます。

位置的には、郵便番号の枠で1番と2番目の枠の間がベストポジションですので、その枠を目安に、やや大きく目立つように書き入れます。

敬称は、必ずどんな間柄でも「様」を付けて記載します。尚、お子様の名前をもし書くのであればお子様の場合は「ちゃん」「くん」でも構いません。

ただし、お相手との間柄になると思いますのでそのまま「様」で統一する方が無難かもしれません。

もし、連名になる場合は郵便番号の枠で2番と3番目の間がベストポジションとなりますので参考にして下さいね。

差出人の住所と名前は、一番小さい文字で書く!

ここまで来たら、最後は差出人の貴方の名前と住所を書けば終了ですね!

差出人の名前と住所は、年賀状の半分のラインからやや下から書き始めます。書くのは、相手の住所を書く時と同じで、省略せず都道府県名+市区町村名+マンション名を書きましょう。

住所と名前を書く幅は、年賀状の左下にある郵便番号の枠の幅に収まる程度の文字の大きさと改行で記載します。そうすることで、全体のバランスがここで整いますよ。

名前・住所ともに、下詰めで書き揃えるように心がけましょう。

そもそも文字を小さく書くことは、相手にへりくだっているという表れだそうです。もし、出す相手が対等であり、友人や知人であっても「親しき中にも礼儀あり」と言いますのでマナーとして小さく書きましょう。

住所の印刷ってどうするの?

最近では、パソコンソフトやスマートフォンでも印刷依頼ができるようになりました。

自分でキーボードで入力すればいいだけの簡単方法なので今までよりは時間の削減になり、より相手に出しやすくなっています。

印刷の場合は、住所・宛て名・差出人とあらかじめポジショニングされていますのでバランスを考える手間や、寄ってしまう事がないのでお勧めです。

まとめ

手書きが減った今日の年賀状。印刷で作るという方も多いかもしれません。

しかし、手書きは手書きで味がありとても気持ちがこもるものです。

もし手書きで挑戦してみる場合は、位置関係とバランス重視で住所・宛て名・差出人を書いてみましょう。

きっと気持ちが相手に伝わる素晴らしい年賀状が出来るはずですよ!

【あわせて読みたい記事】
年賀状印刷のおすすめ比較人気ランキングTOP10!安い・おしゃれ・早い【2020子年(ねずみ年)】