年賀状の連名の書き方は?夫婦・家族で3名、4名のとき宛名はどうする?

年賀状を用意するとき、家族連名で送るときもありますよね。

そういう時、どういった順番で書くのが正しいのでしょうか?

必ずしも全員書く必要があるのでしょうか?

今回は、差出人が連名である場合について記載していきますね!

年賀状は夫婦連名のほうがいい?

では、宛て名は夫婦連名のほうが良いのでしょうか?

ここにルールはありませんので、個人の自由というのが答えになります。

夫婦二人ともが面識のある方々、親族や共通の知人・上司・同僚などに関しては夫婦連名のほうがいいかもしれませんね。

一方で、どちらか片方しか面識がない場合は個人名でも構いません。ただし、上司・同僚となる場合は連名のほうがいい場合もあるでしょうから、二人でよく話し合って決めましょう。

夫婦連名の際は、世帯主を右に書きます。世帯主である旦那さんの名前をフルネームで書き、その左横に奥さんの下の名前を書き入れます。

例え、奥さん側の親族や知人であっても旦那さんの名前を先に書きます。ただし、世帯主が奥さんの場合は逆です

その際、奥さんの方は苗字を省略し敬称は全員に添えます。まとめて1つだけ書くというのはよろしくありませんので、必ず全員に敬称を付けるようにしましょう。

 

宛て名が3名・4名・5名などの3名以上になる場合は?

 

宛て名が、3名以上になる場合というのは家族全員の名前を書く場合のことが多いかと思います。

例えば、夫婦二人+お子さん一人以上の場合ですね。

3名か4名までであれば、前項の夫婦連名の書き方に加えて奥さんの横にお子さんの名前+敬称を加えるだけで問題ありません。

その分、字の大きさが小さくなってしまいますがそこは仕方ありません。

ただ、4名以上である場合にお勧めなのは

  • ○○家族ご一同様

と、書くこともできます。

ですが、これはあくまで書ききれない場合のみにしましょう。

お子さんの名前も書いてあれば、相手のお子さんも喜びますので是非とも名前を記載してあげてくださいね。

その際はもちろん、敬称を付け忘れることの無いように気を付けてください。お子さんの場合は、”ちゃん”や”くん”でも問題ないです。

取引先や、企業に向けて送る場合は?

取引先の担当者の方へ年賀状を出す場合、大体は会社へ直接送ることになりますよね。

その際に気を付けていただきたいポイントをご紹介します。

宛て名とは、差出人から見た相手とどのような関係にあるかを示すものです。会社にお勤めの個人に送る場合には、以下のポイントに気を付けましょう。

  • 社名や部署名に敬称は付けない
  • 肩書にも敬称は不要
  • 名前にのみ敬称を付ける
  • 部署に送る場合は、御中を付ける

基本的に、社名・肩書・部署には敬称を付ける必要はありません。ただし、付けないで良いのはその後に、個人名がくる場合です。

更に、ややこしいのがここからです。

部署のすべての人宛て・会社全体宛てに送る場合は、社名・部署の後に「御中」という敬称を付けます。

この場合は、個人名が指定されていないからです。

まとめ:取引先・担当者宛手の場合

 ○正しい例

○○株式会社 △△部 部長 (個人名)様
○○株式会社 △△部御中
○○株式会社御中

 ×間違った例

○○株式会社 △△部 葉書大介部長様
○○株式会社御中 葉書大介様
○○株式会社御中 △△部御中

非常に間違えやすいので、注意して覚えておくといいですね。

敬称は重ねて使うことはできません。更には、敬称は最後に付け添えるものですので、何度も使ってはいけません

使うのは1つの敬称だけ。

これをしっかり覚えておきましょう。

年賀状の宛て名の書き方の基本

宛て名は、年賀状のデザインや文字が完成したら最後に印刷したり記入したりしますよね。

そこで間違えてしまうとすべてが台無しになってしまう事もあるので、間違えないようにしたいところ。

そこで、宛て名を書く際の注意点をご紹介します。

  • 赤ペンは不可
  • 修正液と修正テープは利用しない
  • 二重線を引いて消さない
  • 名前・と住所は省略せず正しくすべて書く

この4つのポイントに注意して書きましょう。

つまりは、間違えたらまた最初から印刷・書き直しということになります。

間違えたら、書き直しとなりますが郵便局では手数料を払えば新しいものと交換してくれますよ。

最近は、横書きで宛て名を書く場合もあるようですが基本的には年賀状の文書が横書きなら横書き、縦書きなら宛て名も縦書きと合わせるのが基本です。

ただ、注意してほしいポイントがここにも。

  • 目上の人に送る際は、宛て名は縦書き書く

送る相手の年代にもよるかもしれませんが、縦書きで書く方が失礼のない書き方になるようです。

まとめ

ビジネスの年賀状の際は、宛て名が少しややこしいかもしれませんが基本さえ押さえておけば混乱することはないと思います。

連名にする際に気を付ける事は、世帯主が先で左側に来る場合は苗字は省略して、下の名前を書き入れてそ全員に敬称を付けること。

これさえ覚えておけば大丈夫です!

【あわせて読みたい記事】
年賀状印刷のおすすめ比較人気ランキングTOP10!安い・おしゃれ・早い【2020子年(ねずみ年)】