年賀状の宛名の書き方は?バランスが大切

せっかく心を込めて裏面をきれいに仕上げたとしても、表面はどうでしょうか?

最後の締めとして、表面には相手の名前・住所を書きますがここを間違えてしまうとせっかく裏面は綺麗に心を込めて作ったのに台無しなんてことも。

さらに、名前を間違える(漢字含め)事は大変失礼にあたります。

最近は、印刷の場合も増えていますがそのテンプレートを用意するのは自分ですよね。そこで間違っていれば間違ったまま印刷されてきます。

そのような事が無いよう、細心の注意を払っておきましょう。

年賀状の宛て名はバランスが大切!

年賀状表面の宛て名には、情報をたくさん書き入れる必要があります。

  • 相手の住所
  • 相手の名前
  • 相手の家族名(連名にする場合)
  • 自分の住所
  • 会社名
  • 部署名
  • マンション名
  • 郵便番号

ざっと挙げてみてもこれだけの情報をあの表面に書ききる必要があります。

情報が多い場合は、何よりもバランスが大切になってきます。

余白の幅や書き始めの位置に、文字の大きさなど、気を配るところがたくさんあります。しかし、目安を知っていれば誰でもきれいにバランスをとれますので安心してください!

押さえておきたいのは、はがきの中心!

  • 郵便番号の枠左から1と2番目の間が中心ライン

これを頭に入れておいて、この続きを見ていきます。

家族に送る場合は年賀状の宛名をどうする?

まずは、家族や親族に送る場合の年賀状の宛名や住所から。

  • 住所は2行以内で収める
  • 郵便番号の枠の右から1番目の枠下から都道府県名を書く
  • マンション名などがある場合は、番地を書いた後に改行する
  • マンション名や建物名は、字下げをし番地の最後と建物名の最後が揃うように書く

住所に関しては、番地で一行・建物名+部屋番号で一行使います。もし、これ以上長いものであれば徐々に字下げを行えばバランスも良いです。

次に、名前です。

相手の個人名を書く場合(一人)は、

  • 年賀状のセンターラインのど真ん中に書く
  • 文字はやや大きめで目立たせるように
  • 敬称は必ず付ける
  • 苗字と名前の間には1マス空ける
  • 名前の最後と敬称の間にも1マス空ける

ポイントは、文字の大きさと敬称です。

個人名を書くときは、必ず敬称を付けるようにしてください。これは最低限のマナーなので抜けが無いようにしましょう。

連名の場合は、はがきのセンターラインよりもやや郵便番号の枠、左から2番目よりにずらして書き始めると連名者の名前もセンターに来てバランスがいいです。

その場合も、敬称を付けるのを忘れずに。

最後に差出人の住所です。

  • 文字の大きさは一番小さく書く
  • 左下郵便番号の枠の、右から1と2番目の間に番地までを書く
  • 二行目に建物名
  • 差出人名は住所よりやや大きめに書く
  • 敬称は付けない

ここで押さえたいのは、差出人を表に記載するかどうかというポイント。というのも、裏面でもし差出人の情報を書いていれば、表で書く必要はありません。

差出人の名前を記載しない場合でも、バランスはきちんと見積もってから書きましょう!

手書きの場合は、このバランスを頭に入れておくといいですよ。

ビジネス向けで会社に送る場合は年賀状の宛名をどうする?

一方で、年賀状は家族や親族・更には友達だけに送るものではありませんよね。

会社勤めしていれば、もしかすると

  • 上司
  • 目上の方
  • 取引先の会社
  • 取引先の担当者

こういったビジネス面でも利用することがあると思います。その場合は、会社の住所だけだったり部署名だけの場合もあると思います。

もしくは、会社の住所+部署名+個人名なんてことも。ポイントを押さえて、バランスよく失礼のないように書いていきましょう!

まずは、会社名+部署名+個人名の場合

  • 住所を書き終えた次の行の上から書く
  • 少し字下げをし、会社名を書く(この時に、「株式会社」「有限会社」は略さず全て書く)
  • 部署名は、さらに字下げをして書く(字下げしなくてもよい)

住所を書き終えたら、会社名+部署名は上から書きます。下を揃えずに会社名は上から書くのがポイントです。

その後は、前項でも書いた宛て名の書き方でOKです。

会社名もしくは、部署名だけの場合ですが、部署・会社全員に宛てる場合もありますよね。

そんな場合は、敬称が今までと変わります

  • 宛て名を書く場所に会社名もしくは部署名を書き入れる
  • 会社名が長い場合は、株式会社○○で改行する
  • 敬称は、「御中」と書く

ここでのポイントは、敬称が変わるという事です。複数名に宛てた場合やこうした会社宛となる場合は「様」を使わず、「御中」と書くのがマナーですので気を付けましょう。

会社名が短い場合は、センターラインにそって全て一行で書き入れて大丈夫です。

年賀状の宛名は横書きNGなの?

最近では、洋風なちょっと変わった年賀状が登場していたりしますね。

雑貨屋さんで横書きの年賀状を見たことがある人ももしかするといらっしゃるかもしれません。

海外の方が増えたという事もあり、横書きで書けるように配慮したものも当然ながら販売されてきていますし、お家でも作る方も増えてきました。

基本的には、縦書きがマナーです。

ただし、送る相手によっては横書きでも構わない場合もありますので相手をきちんと見定めてあなたとの関係や距離感を理解した上で横書きにしましょう。

まとめ

表面の宛て名は、まず相手に届いたら見る面です。

多少の漢字間違えや数字間違えはバレてしまいがち。わざわざ気づいても伝えてくるような方はあまりいないと思いますが、確実に相手は残念がっているでしょう。

最後まで気を抜けないですが、表面もきちんとマナーよく書き上げておきましょう!

【あわせて読みたい記事】
年賀状印刷のおすすめ比較人気ランキングTOP10!安い・おしゃれ・早い【2020子年(ねずみ年)】