年賀状「賀詞」の文例10選!読み方や意味も解説

年賀状に使う新年のあいさつには、二文字や四文字の短い言葉が使われていることがあります。

その言葉を、【賀詞】といい、今回はその賀詞について紐解いていきます。

相手によって使い分ける必要がある場合がありますので正しく使いましょう。

年賀状の「賀詞」の読み方・意味って?

そもそも、賀詞の意味ってなんでしょうか?

 

読み方:賀詞(がし)

意味:お祝いの言葉。祝詞。 「新年の-」 : 出典 三省堂

 

お祝いの言葉を利用する場合に、文章ではなく短い言葉で言い表しているのが賀詞というわけです。

賀詞の種類は?

賀詞にも種類があります。

それぞれに意味合いや使える相手などが変わってきますのでご紹介!

  • 「謹賀新年」
  • 「謹賀新春」
  • 「恭賀新年」
  • 「敬頌新禧」
  • 「謹んで新年のお慶びを申し上げます」
  • 「賀正」
  • 「賀春」
  • 「迎春」
  • 「初春」
  • 「新春」

こういった言葉が、【賀詞】となります。

一覧を見てみると、よく年賀状で見る言葉たちですよね。

年賀状の「賀詞」を目上の人に使う時には要注意!

送る相手によって、賀詞は選ばないといけないことがあります。

その場合で良くある状況といえば、目上の方・上司の方に送る場合です。

会社勤めであれば、上司や目上の方・取引先の方に送ることも多いかと思いますが賀詞についてはどれを使っても大丈夫というわけではありません。

好ましい賀詞・好ましくない賀詞とありますので要注意です。

目上の方に使う際に、好ましい賀詞は

  • 「謹賀新年」
  • 「謹賀新春」
  • 「恭賀新年」
  • 「敬頌新禧」
  • 「謹んで新年のお慶びを申し上げます」

このように、四文字以上の賀詞を使うのが最も好ましいとされています。

この賀詞には、相手を敬う言葉が含まれているから好ましいとされています。

例えば・・

  • 謹賀新年

この賀詞には、「謹」という言葉が相手を敬う意味を込めた一文字となるので相手には失礼にならず目上の方に使うことが出来るというわけですね。

一般的に使える賀詞って?

では、目上ではなく目下の方や親しい人に送る際は

  • 「賀正」
  • 「賀春」
  • 「迎春」
  • 「初春」
  • 「新春」

こういった、二文字の賀詞を利用したり

  • 「あけましておめでとうございます。」
  • 「Happy New Year」

といった、全てひらがな・英文を使ってカジュアルな年賀状を作成できますよ!

無料の素材・イラスト集!

無料で使える素材を集めたサイトとサンプルをご紹介します!

Andante

会員登録必要なし。

商用利用可能な無料で使える年賀状用の筆文字・賀詞・フォント画像を配布。
元号(令和)・謹賀新年・あけまして・賀正・Happy New Year・干支(子年・ねずみ)など色バリエーションも豊富。 賀詞工房 会員登録必要なし。

シンプルなサイトですが、賀詞の画像がメインで揃っています。

シンプルな年賀状にはお勧めのサイトですよ!

Illustbox

会員登録必要。

全ての素材が無料で使えるサイト。イラストもありますし、種類が豊富!

年賀状プリント2021

2021年 子年の年賀状テンプレート、干支や賀詞などのイラスト素材が「無料」で利用可能!
上司や恩師宛、取引先やお客様などビジネス用、かわいい&楽しい友達用、家族の近況や結婚報告に最適な写真入りなど、多彩な年賀状デザインを揃えています。

年賀状の「賀詞」を使った文例10選!

賀詞をきちんと使った文例をご紹介しますので、ぜひ来年度の年賀状に活用してみてくださいね!

送る相手:目上の方(先輩・恩師・上司)

  • 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
    旧年中は格別のご厚情をいただき心より感謝申し上げます。
    本年もご指導ご助言のほどよろしくお願い致します。
    おかげさまで公私ともに順調に過ごしております。
    本年は良き報告をお伝えできるよう努力していく所存です。
    寒い日が続きますのでご自愛ください。
  • 恭賀新年 旧年中のご愛顧を感謝申し上げます。
    皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
  • 謹賀新年 毎々格別なお引き立てに預かり有難く、御礼申し上げます。
    本年も相変わりませずご愛顧の程をよろしくお願い申し上げます。

送る相手:友人・知人

  • 迎春 昨年中はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
    今年もどうぞよろしくお願い致します。
  • 賀正 お元気ですか?身体に気をつけてお互い頑張りましょうね。
    今年もどうぞよろしくお願いします。
  • 明けましておめでとうございます。新しい年が幸せな一年でありますように!
  • Happy New Year‼ 去年はたくさんお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

送る相手:家族・親戚

  • 新年あけましておめでとうございます。皆様のご健康とご多幸を心からお祈り致します。
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 新春 今年も家族揃って楽しいお正月を迎えることができました。
    今年もよろしくお願い申し上げます。
  • 恭賀新年 旧年中は色々とご交誼をいただき誠に有り難うございました。
    本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

まとめ

今年もそろそろ来年に向けて年賀状を用意するシーズンが近づいていきましたね。

賀詞にも種類があり、更には字数にも関係あることが分かってきました。

是非正しい使い方で年賀状を作り、失礼のない年賀状をおくりましょう!

【あわせて読みたい記事】
年賀状印刷のおすすめ比較人気ランキングTOP10!安い・おしゃれ・早い【2021子年(ねずみ年)】